バンドワークショップって?

T-Music Yokohamaは、毎月、「バンドワークショップ」を行っています。
「何だそりゃ?」「何するの?」「まだ楽器できないんだけど‥」「初心者でも大丈夫?」‥などの疑問を解消すべく詳しい内容を説明します。

まずは‥
① T-Music Yokohamaのホームページの「ライブ/イベント情報」の「バンドワークショップ」をご覧ください。
② そして「バンドワークショップ 今月のお題曲」をクリックし、メールアドレスを入力しますと、「今月のお題曲」が自動返信されます。曲は、毎月4~5曲程あります。
③ 弾きたい曲、やってみたい曲が決まったら申し込みをします。当日、全曲演奏してもよいですし、1曲でも大丈夫です。また、今回は様子見で見学だけで‥という方も大歓迎です。実際、「増田先生に会いに来ました~」「音楽仲間を探しに来ました~」って方もいます。

そして、当日‥‥(その時々の参加人数やレベルによって、一部(昼の部)/二部(夜の部)に振り分けがあります)
① まずは、簡単な自己紹介や近況報告などをします。
② そして、演奏に入ります。課題曲ごとに楽器奏者が足りない場合は、T-Music Yokohama講師が各楽器を担当します。代表の増田先生がドラムを叩くこともありますし、キーボードでサポートする事も多々あります。
まだ、楽器を始めたばかりで自信ない方は、ギターやキーボードで簡単に弾けるコードで弾いたり、マラカスやボーカル、コーラスで参加したり、その場で口ずさんだり‥‥と様々な方法で参加。もちろん「恥ずかしいから、今日は何もしたくない~」それでも大丈夫です。
③ 楽器を結構弾ける方には、「どう演奏したら、もっとよくなるのか‥」をプロの視点から見たアドバイスをします。
増田先生いわく、「どの楽曲も必ず ”ここだけはちゃんと出来ないと” という箇所がある。それがちゃんとできてないと、上手く聴こえないし、楽曲の良さがでない」‥‥と、こだわりの強い増田先生の細かい指導も受けられます。
ちょっとしたリズムの取り方や、ギターの弾き方で、バンドで合わせた時の仕上がりが全く違うのです。
各楽器のレクチャーが終わったら、何度か演奏してその曲を仕上げます。
④ 1~2曲程演奏したら、”おやつ休憩” です。
お菓子を食べながら、好きな音楽の話をしたり、増田先生のツアーエピソードを聞いたりと、みなさんリラックスして歓談。(“バンド仲間を探せます”を参照)
⑤ おやつの後に、後半戦スタートです。他の曲を同じように仕上げていきます。
⑥ 最後に、みなさんで記念撮影して終了です。

以上が「バンドワークショップ」の流れです。
様々なレベルの方がいらっしゃいますが、そこをうま~くまとめる事ができるのが、代表の「増田隆宣」です。
「初心者の方」は、より音楽が好きになり、「結構弾ける方」は、目からウロコのアドバイスを受けられます。「どうしたら上手くなるの」「なかなか上達しない」‥などの悩みもスッキリします。